ルミカ「防災用簡易ライト」ご使用方法・ 保管方法に関して

防災用簡易ライト 使い方

①パッケージから商品を取り出します。
※備蓄・保管の際はパッケージのまま保管してください。
 

②両手で発光体をしっかり握ってください。左右の親指を発光体の中央の支点としてください。

⓷親指を中心にポキっ(カチッ)と音がするまで折り曲げます。折り曲げ過ぎにご注意ください。
防災用簡易ライト 使い方 よく振る

 ④全体が光るようにしっかりと振ってください。

 

 

開封して保存していいのかしら?どれくらいの保存が可能なのかしら。

未開封の状態での保管を推奨しております。

発光体は湿気と紫外線に弱いため、安心してご使用いただくためにも、備蓄の際は高温多湿ではない、暗所での保管をオススメしております。

また防災用簡易ライトは生産から約6年となっています。

パッケージ下部(上図の赤点線枠)に推奨期限が記載されていますのでご確認ください。

万一、開封してしまったものはもう使えないんですか。

開封してしまっても使用できます。
発光体をパッケージにしまって保管してください。

湿度などの影響を受ける可能性がございますのでセロハンテープ等で固定してください。

ライトが本当に光るのか心配です。開封せずに発光していないかのチェックはできませんか。

ご心配な方は袋に入った状態で本体を振ってください。

発光前のものは特に音はしませんが、シャカシャカと音がする場合、発光体内部のガラスアンプルが折れていて発光後の可能性がございます。

また長期間(推奨期限を超えて)保管するとパッケージが膨らむ場合はございます。

期限が切れたライトや使い終わったライトはどうしたらいいんでしょうか。

 推奨期限が過ぎたものは発光しないわけではありません。

ただし安全に・安心してご使用いただくためにも期限切れのものは処分して新しいものを備蓄してください。

またご使用後(発光後)のライトはプラスティックごみにて処分してください。

※地域の分別マニュアルに従って適切に処分してください(破棄方法は自治体によって異なります)。

 中の液は引火しないため、分解せずそのままプラスティック製品として廃棄をお願いいたします。



 


上記はよくあるご質問の一部となります。
詳細はお手数ですが上記ボタンよりご確認ください。
また商品の仕様やご購入方法等ご不明な点があればお問い合わせよりご連絡ください。